2018年09月24日

デッドプール2をみたー。

デッドプール2 (字幕版)
デッドプール2 (字幕版)

なかなか2作目というとみないけど、みることにした。
(みたのはハリーポッターぐらいかもしれないわ。)
ファミリー映画っていうけど、違うジャンルのファミリーやないか!と思いながら見ていたけど、
最後はファミリーってかんじだった。
PSVideoの最後の15分ぐらいがないバージョン?をみたので、
映画館の終わり際のやつがみれてない。
みたほうがよかったのかな?
ある意味なんで分けたんだろう?

今回も卑猥というか、下ネタとグロネタ満載だった。
でもなぜかストーリーは好き。
理由は分からない。
今回の好きなシーンは、デップーがいつも通り何かしら生やしている時。
絶対笑かしに来るだろうから、楽しみにしている。
あとは、いろんなメディア?映画とか?をディスってるのか、なんなのか、
なんかまぜこぜに主張してくるシーン。
あの映画なんじゃないか?wとか想像するのが面白い。

3はあるのかね?ないのかね?
2でお金集まったらやるのかね?情報を待っておこうと思う。
posted by 水 at 23:22| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

単行本のオーバーロード3巻を読んだ

オーバーロード3 鮮血の戦乙女
オーバーロード3 鮮血の戦乙女

アニメ版のオチを相方に確認してしまっていた。
シャルティアが敵にまわってしまう巻。
モモンさんが一番頑張ってるらしい回。

NPCたちはそれぞれ作ってくれた人をしたっているのだな。
垣間見えて良かった。

今回もモモンさん頑張ってたので面白かった。

本はやっぱり分厚いので持ち運びは難しいなと思った。
ウェブ版読んだ方が良いのかな?
posted by 水 at 07:06| 兵庫 ☔| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

コミュニケーションの強化書を読んだ

コミュニケーションの強化書
コミュニケーションの強化書

自称コミュ症はなんとかなるんだろうなと。
本はそんなに分厚くないのでサクッと読めた。

手に取った理由は、他人とは意見は違っている、それがアタリマエのページが気になったから。
お互いに尊重、納得する事だという。
うむ、その通りですね。

コミュニケーションというのは
相手を観察、興味を持つ、人の話をよく聞くということだった。

気付いたことは、
・「でも」をよくつかってた。
最近はあかんなと思い、ハッとしたときは気をつけている。

・相手の話をさえぎってしまう。
きいてほしいが先行かつ、この人はこのまま自分の話を聞いてくれないんじゃないか?と思っていた。

・人の話していることを要約してしまう
聞くのがめんどくさくなるとこうなってた。

と、数々のダメダメ行為をやりまくっておりました。反省。


まさに教科書だった。´-`
ビジネスの箇所は経験が少なすぎて、読むだけだった。
あらゆるパターンの回答集な感じもする。


自分のやってたことに気付けて良かったなという本だった。´´-`
posted by 水 at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

グレイテストショーマンを観てみた

グレイテスト・ショーマン (字幕版)
グレイテスト・ショーマン (字幕版)

歌のイメージだけがあったので、ただミュージカルする映画なのかなと思ってた。
サーカスだったとは。

肌の色だったり、背が小さかったりと、差別されてきた人が主人公に雇われてみんなでサーカスをする。
その後、歌姫的な人がでてきて、やっと政治家などを見返せたぜ!という感じで
成功を喜んでいたのだが、偏見を気にしてかサーカスの皆をのけ者にしているところは好きじゃなかった。
主人公は、人を見世物にすることで成功を手に入れていたように見えた。
でも、サーカスのメンバーたちは自分のいる場所や存在価値みたいなのを与えられた感じで
主人公がんばれよ!と応援している場面は好きだった。

差別や偏見をなくそう!なのかと思って
ツイッターを見ていたら、
https://twitter.com/mimumeg/status/1022620806424092673
胸張って生きていこうぜ!という解釈もあるのだなと知る事が出来た。

好きな場面は、火事のシーンで助けに行くとこと、落ち込む主人公が再び立ち上がるとこ。
愛はどんなことがあってもつながってるのなーと思った。´´-`
posted by 水 at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

単行本のオーバーロード2巻を読んだ

オーバーロード2 漆黒の戦士
オーバーロード2 漆黒の戦士

完璧そうでそうでもないアインズ様が良い。
真剣な話をしつつも、ところどころ笑わせてくれる気がする。
世界のシステムを探りながら、進んでいくのだが、どうするのだろうとワクワクする。
今回好きな場面は、ハムスケがなんかござる語しゃべるところが、
何でそうなんだろうなと思いながら、好きです。
あとは、アインズ様が金髪女の子をバキバキにするところが良かったです。(強さが恐ろしく良い)
ということで、3巻買おう。
posted by 水 at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

レディ・プレイヤー1を観てみた

レディ・プレイヤー1 ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]
レディ・プレイヤー1 ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

映画館で見た方が、世界観を存分に味わえただろうなとおもった。
VRがここまで進化したらすごいなと。
感覚センサーは、怖くてつけられないなw
ゲームを作った人は、プレイヤーたちに遊んでくれたら一番うれしいんだなと思った。
ずっと楽しく見れた。

好きな場面は、アバターの衣装チェンジをしたりするシーンでした。
posted by 水 at 21:05| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

その『1分』を変えなさい!を読んだ

成果を出す人、出せない人との大きな違い その『1分』を変えなさい!
成果を出す人、出せない人との大きな違い その『1分』を変えなさい!

1分やってみよう!が、1分じゃ物足りなくなる!になる。

朝の方が脳がすっきりしているので朝型になることを推奨されている。
朝の定義は、起きたときで良い。
勉強するにはちょうどいい時間。
柔軟、筋トレ、勉強、画用紙に描いたやりたいことを読みあげるなどなど。

1分じゃないじゃんwと一瞬思ったけども、そういう事ではないですね。
とりあえず、1分やってみて!を押してきてくれる。

多くの夢実現本を読んでも、叶わない理由も気になった。
大体の本は、精神論でハードルが高いのですが、この本はまず1分から始める。
楽しく夢をかなえようぜ!と。
いきなりあの高い山登ってこい!ではなく、まずはこの石をジャンプして越えてみようか!
という感じだろうか。

本心から出る願望の方が叶いやすい。
自分の欲しい何かがあって、その過程で夢というのが生まれてくるらしい。

ワークもあって
なりたくない自分と
なりたい自分を書く。

・なりたくない自分を書く
料理のメニューを選ぶ時を例にあげられていました。
これは選ばないというものを決めておけば、迷いが減る。
優先順位を決めるのが早くなるのかな?

・なりたい自分を書く
3年後に神様が絶対叶えてくれるとしたら・・・?というものを書く。
自分の力量でできることを書かない。
なぜなら、自分ができる範囲の小さな夢になってしまうから。
概念でも、具体的でもいいからかいてみる。
そして、書いたものを毎朝読み上げる。
なぜ読み上げるのか?
自分の頭に刷り込むためだと思う。(これはよく書かれている気がする)
そうすることで、情報を収集しようとする。
(バイクが気になって、ずっとバイクの情報を収集している感じかな?)


こういう本を書いている方は
行動力、実践力が高い。
そして不安や心配はあらかじめ予測していたりする。
メンターがいる、尊敬する人物像を持っている。
好きな名言も芯のように持っている。


やはり、みなさん行動を押してくる気がしたのだった。´´-`
posted by 水 at 10:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変化できる人を読んでみた

変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる
変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる

面白そうだなと思って手に取ってみた。
変化できる人は、行動が早い。
変えようと思った時の切り替えが早い。

変わりたいけど変われない人は、思い込みや癖で変われない。
むしろ変わらないことを決断している。

やってみる理由はなんでもいいから、やってみなさいという感じ。

「変化できる人は何をやっても楽しい」の
「好奇心が鍵」というところが気になった。
その中の「そんな役にも立たないものの何処が面白いんだ。気にはなるけど」が
まさにそんな感じでした。
好奇心の低下は、忙しさや行動する時間が減った事が原因だったり、
変化しようとして失敗して、上司から痛い目のあったりなのだそうだ。
(色々あるかもだけど)

そんな場合は、原因を探ってみるとか、
好奇心を忘れない人に接してみるとか(好奇心が復活するそうです)


この本は、変わりたいと思ってる人がきっと手に取っているんだろうな。
最初の方はなんかこの本時々むかつくわwって思うけど、
読み進めるとそうでもなくなる。
変化したいなら行動あるのみと言ってくれている気がした。
posted by 水 at 09:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

月刊コミックジーン9月号を読んだ

■ばけもの夜話づくし
義高かっこいい。耳の飾りはすごいけど。
次回に続くような感じ。´-`

■魔王様としゅんくん
ギャップが好きだなと思った。
とりあえず可愛い。
イケメン顔からの略された顔が好き。

■ニーチェ先生
顔芸がやばかった。
青年誌のギャグ枠な気がした。
面白いっていう意味で。

■俺の推しが世界一かがやいている
2.5次元好きな男子の漫画だと今月号知った。(先月号から読んだのに)
舞台が見たくなる理由がかすかに分かった気がする。
2.5次元沼に良い意味で、はめようとしている内容はとても好き。

■人外CPかたろぐ。
切ない感じがするのに、ほっこりさせられる。
ほっこり枠。

■春告げと雪息子
線が綺麗で見やすくて好き。
途中から見たので急展開な感じに思える。(しょうがないw)
posted by 水 at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

どこでも誰とでも働けるを読んでみた

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

今の時代の働き方はこんな感じだよとか、
仕事は会社につくのではなくてプロジェクトにつくと考えるといいよ!とか
作者の経験をもとに提案されている感じでした。
凝り固まった今までの考え方を変えてくれる。

ハッシュタグで広めてくれていいよ!
と、ハッシュタグが左端にのっているのが面白かった。

DCPAってなんだ!とおもってたら、お話に出てきた。
実行してチェックを繰り返すのが先に来るということだった。
時代の流れが速いので、はじめに考えて〜ってしているよりは、仕事が早くなるようだった。

ライフワークとライスワークのところ、
興味のある事を検索するとして、ただ単にラーメンが食べたいから、
そこから奥深くに興味を掘り下げていってそれのプロになるっていうところ、
なるほどなーと思いながら読んでいた。

一番おもったのは、作者は仕事が楽しそうだな!ってことでした。
posted by 水 at 00:00| 兵庫 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする