2019年03月26日

漫画 スーパーカブ1、2巻を読んでみた。

ネットで公開されていた部分を読んだことがあったので、この機会に読んでみることにしました。
(富士山チャレンジの続きが読みたかったんやー!)

原作が小説ということを漫画の一番後ろのページで知りました。
スーパーカブに乗ってみたいなと思わせてくれます。
だんだんと主人公とともに成長?していくカブをみているとワクワクしてきます。

たまにパンツとか露出とか男性向け表現あるので、ほんの少しだけ複雑な気分で読みましたが、バイクに対する表現はとても良いなと感じました。

続きが読みたいけど、小説の方がいいのかな?
売ってるのかな?

ちなみに漫画の最後の方に小説があるのだが、まだ読んでないので、ゆっくり読んでみたいと思います。
posted by 水 at 14:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

罠ガール1巻をよんでみた

とりあえずなんか読みたいと思って本棚を眺めていて目に付いた。
農業ってなんだろうなぁと思っていて手に取った。
この本は罠猟の漫画。関係ないだろう?と思いきや、主人公は実家が農家で害獣に困っていたから資格を取って猟をしているらしかった。

たしかにイノシシやらアライグマやらウサギやら畑への被害はあるから、農業と関係ある!
選択は間違っていなかった!はず!

血生臭い部分はあまり描かれてはいない(内臓の絵はある)が、猟の先っちょぐらいに触れられるのではないかな?
2巻はまた機会があったら買おうと思います。
posted by 水 at 14:39| 兵庫 ☀| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正直、服はめんどくさいけれどおしゃれに見せたいを読んでみた

本屋さんに並べられているのは何回か見ていたのだが、買ってみることにした。
じっくり読んでみると、私かな?wという心境になってきた。

実践するかはさておき、そんな必死に服を選ばなくても良さそうだなと思えたのは良かった。

おしゃれに時間かけるぐらいなら、他のことがしたいというのも同感で、服選びは楽したいw
ということで、いつもTシャツにジーパンになるわけだが、年齢的に似合わなくなってきているのを実感してきた。

カラーだとか骨格だとかの本もある中、この本を選んだのは、他の本はややこしかったから。
カラーだとか、骨格だとか、モデルさんがおしゃれに着こなしてる見本とか(一般人は顔とスタイルが合わないよなー)。
服オタクの本は難しい計算式を見ている感じ。
服の1+1ができるようになったら、読めるかもしれない。

1+1はとりあえず2やで!みたいな本でした。
楽しく読めて良かったです。
posted by 水 at 14:26| 兵庫 ☀| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

ぼっちでも悪くはない

仕事で疲れて精神エネルギーを消費すると、
私の場合、
一人、もしくは親しい人といる場合充電できるようです。
昔は一人はいけない!友達がいないといけないんだ!と思っていました。
でも、ずっとみんなという存在と一緒にいるのが好きな人もいれば、一人の時間が好きな人もいるんだと最近理解できるようになってきました。もしくは両方。

みんなといることが嫌いではないんだが、人よりエネルギーの消費が激しいのだと思います。
燃費が悪いということですかね。

いじめによってぼっちにさせられているというのを除いては、一人でいるのを悪くいう必要もないし、思う必要もない。

ふと思ったのだが、
みんなという存在があるからこそ、安心のぼっちができるのかもしれない。

とりあえず、ぼっち時間が必要ならば持って良いのだなぁということでした。
posted by 水 at 08:05| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする