2019年01月07日

世界にひとつのプレイブックをみてみた

世界にひとつのプレイブック (字幕版)
世界にひとつのプレイブック (字幕版)

恋愛ものかなーと思いながら、面白そうなのでみてみました。

ちょっとクレイジーでした。
ボーっとしながら見ていたので若干内容の記憶が曖昧です。
心が傷ついた二人がダンスをきっかけに、結ばれるって感じですかね。

バランス的には、恋愛>クレイジー>パパの賭け>ダンスという感じにみえた。
なんとなくですが、感情移入できなかったからなのかな?
うん!よかったね!って感じで終わる。

レビューでラブコメって書いてあって、そう!それだ!と思った。
ラブコメダイジェストかな。
サクッとみるなら良いですね。
posted by 水 at 23:44| 兵庫 ☁| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

未来を花束にしてをみてみた

未来を花束にして(字幕版)
未来を花束にして(字幕版)

ちょっと気になったのでリストにいれていました。

女性の参政権を得るために頑張ってきた活動家の話?かな。

男性たちの態度に腹を立てながら、でも破壊活動はなぁと思いながら観ていました。

モードワッツが旦那に
「女の子が生まれてたら、その子はどんな人生を送っていたと思う?」と質問したら、
「お前と同じ人生さ」みたいなことを言っていたので、
火に油を注ぐような事を言うねぇと思った。
政府や警察も助けてくれるのかな?と思いきや、そんなことないし。
むしろ、ちょっと主張しただけで、警官が人を殴ってるし。
最終手段で活動家の一人が国王および全世界の前で主張するために、
ダービーの馬に轢かれて死ぬっていう。
死なないと察知できないのは嫌だな。
いじめでもそうだけど、事の重大さを死でしか理解できないのは嫌だな。

破壊活動でもしないと無視され続ける世界で頑張ってきたんだなと。
そして今があるんだなと。
選挙に、ちゃんといかないとね!
今は破壊活動しなくても、選挙にきてね!って来るんだから。

人同士、主張して尊重して、良い未来を作って良ければいいなぁ。
posted by 水 at 23:36| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

映画万能鑑定士Qモナ・リザの瞳をみてみた

映画「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」【TBSオンデマンド】
映画「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」【TBSオンデマンド】

気になっていたので観てみました。
以前テレビでやってたのですが、まぁいつものごとく興味ないとみてもらえないのでww


鑑定士のお姉さんと記者さんが、モナ・リザの絵の盗難事件に巻き込まれるお話かな?

やはり時間の関係上まとめなければならないので、端折られていたのかなと、レビューを映画を見た後に読んで思いました。
でも何も知らない人が見る分には、良いかもしれない。
本を読んでもらおう!という、いつもの戦略なのだろうか?
なんでこの鑑定士と記者さんが急に仲が良いのだろう?というのは疑問だった。
高価な美術品があるのに警備薄いなっておもった。
配役は原作を観てないので、先入観無くみれた。

何の情報もなく観るのがいいんだろうなー。
前半は面白かったけど、後半はあんまり?というレビューがあったのだが、前半は推理というか考える場面が多かったのに対して、
後半が一緒に考えたり発見したりするところがなかったので、ワクワク感がなかったんだろうなと思う。
posted by 水 at 16:56| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

島々清しゃをみてみた

島々清しゃ
島々清しゃ

たまたま目がとまったので、みてみました。

耳が良すぎて、母にもらった耳あてを常につけている女の子が、
音楽を通して成長していくおはなし?かな?

一瞬なんかしらの批判映画かな?とおもったけども、波の音や演奏に癒された。
みていて調律師になるのかな?と思っていたらそうではなかったww
とにかく、この女の子は一体どうなってゆくのだろうという興味で途中で脱落せずにみられました。
雑音に対して耳を塞ぐことはよいけど、塞いでいたら何も聞こえないよーって。
そんな感じの事をいっていたのだが、ギクッとした。´-`

細かい事を追及するとつまらんので、沖縄民謡や波の音に癒される映画だった。
posted by 水 at 21:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕のワンダフルライフ

僕のワンダフル・ライフ (字幕版)
僕のワンダフル・ライフ (字幕版)

気になっていた作品ですが、我が家の犬が死んだこともあって
みたら絶対泣くわ!と思いつつ観ていませんでしたが、
ようやく決心しましたので、みてみることにしました。
案の定号泣だった。

´-`

犬が転生して、優しかった飼い主に再び会うのですが、
その間に何回も転生して、死を繰り返していきます。

色々な飼い主がいて、色々な人生を生きてこのワンちゃんすごいなと思いながら
前に飼っていた犬の事を思い出していました。´・ω・`
うちの子も転生しないかな。
そして素敵な家族に迎えられていれば良いな。

でもなんか最後の方だけファンタジー感があって冷静にみれました。
posted by 水 at 18:19| 兵庫 ☁| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

映画海月姫をみてみた

海月姫
海月姫

ドラマとアニメは何話か抜けながらもみていました。
漫画は読んだ事がありません。

とあるクラゲ好きの女の子が、女装男子に出会って、洋服を作ることに目覚めるストーリー。
簡単に言いすぎた。
キャラクターが個性的で独特で癖が強くて良い。

映画はダイジェストを観ている感じで、どうしてそのキャラがそういう思いでいるのかが、感じられない。
なので、なんでこの人たちはこんなにぎくしゃくしているように感じるんだろう?と思った。

動画としてみるならば、やはりアニメかなぁ。
posted by 水 at 21:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

おっさんずラブをいっき観してみた

episode1 OPEN THE DOOR!
episode1 OPEN THE DOOR!

興味はあったし、一回か二回ぐらいは放送日に見れたのですが、
中途半端にしかみれなかったので、プライムに入った機会にみてみました。

個人的には面白く観れた。
それぞれのキャラクターがしっかりしているからなのだろうか。
BLというジャンルは、深く好きというわけではないのですが、ギリギリ観られた。
でもキスシーンなどは若干拒否反応がでてしまいました。

はるたんが、大人になった少年という感じで、まわりのキャラたちも構いたくなるよなぁと。
付き合うってなんだ?結婚ってなんだ?と
男同士を題材にしている作品ではあるけど、そうでなくても考えさせられた。

これまた見た後にツイッターやらで、タイトルととあるワードを入れてみたら、批判的意見がみられた。
ネガティブワード吸引器かよw´^ω^
個人的意見というよりは、そういうのを寄せ付けそうな人だなと感じ取ってしまったので、ミュートにしておいた。

とりあえず最初の方を観て拒否反応示した方は、観ない方がいい。

「嫌い」というニュアンスの言葉をみると、
自分が好きであったり楽しんだものを否定された気分になるのが癖になってしまっているので、
ただその人の意見であることを客観的にみる事が出来ればいいなと思った。

良い意見も悪い意見も、こういうドラマをきっかけに討論されれば良いと思う。
感情論は無しで。

私も感情を加えずに意見交換できるようになればなと思う。
posted by 水 at 21:51| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画ツレがうつになりまして。をみてみた

ツレがうつになりまして。
ツレがうつになりまして。

興味があったのですが、テレビでも見る機会があったのですが、
毎回興味がないのなんのと家族が言うのでみれなかったので観てみました。

あるうつ病患者の例としてみれば、そうなのかという感じです。
周りの人や環境に恵まれていたのかなと感じます。

割れなかったからここにある、という瓶のところは、
存在しているだけで意味があると受け取りました。

休日は休むのが仕事ていうこともいっておられたのですが、
最近休日があっても、休み時間があっても休んでいる気がしないので、
私は大丈夫かな?と考えさせられました。

アマゾンレビューのネガティブ評価をつい見てしまうので嫌になりますが、
個人的理由で評価を低くされているのだなと。
レビューは読まずに映画は観るのがいいですね。
posted by 水 at 21:12| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

そんな彼なら捨てちゃえば?を観てみた

そんな彼なら捨てちゃえば? (字幕版)
そんな彼なら捨てちゃえば? (字幕版)

気になってみてみました。
観てるうちに、どこかで一回見たことがある気がしてきた。
いつだったのか思い出せないw

女の子は意地悪してくる男の子はあなたの事が好きだからよ?
と勘違いするように教えられる。っていうのが、まぁまぁ罪だなぁと。

恋するジジは勘違いする人だけども、愛のあふれる人でした。
反対にアレックスはクールだけど、本気の愛?恋?は知らなかった。
二人が仲良くなったり、離れたりするさまざまなシーンが好きです。

いあー本当にいつこの作品みたんだろう。´-`
posted by 水 at 22:58| 兵庫 ☀| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメの昭和元禄落語心中を観てみた

第一話
第一話
↑一期

第一話
第一話
↑二期

ドラマをやるというのをきっかけに調べついて、やっと観るに至りました。
結果みてよかった。
ドラマは時間的にみるのが難しかったので見ていません。
漫画も読んでいません。

落語をみにいきたくなるし、聴いてみたくなる。
飽き性の私が飽きなかった!
菊比古ぼっちゃんがキャラデザもろとも美しくて好きです。´´-`
老いていく姿もよかった。

信之助の父は一体誰だろうかと勘繰ってしまいそうですが、萬月師匠の言うとおり野暮ってやつですね。
検索してますと、親分の子ではなく、八雲の子という予想の方が正しそうですね。
刑務所で八雲の落語を聞いた小夏さんが涙してたのを思い出しました。
目元が八雲だし、髪の毛は助六だし、信ちゃんすごいハイブリッド。´・ω・`

くそぅもう八雲さん死んじゃうのか!と思うと、寂しいやら悲しいやら。

作品に浸る事が出来て良かった。
posted by 水 at 11:27| 兵庫 ☁| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする