2019年05月01日

日日是好日を読んでみた

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)
日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

映画にもなっている作品ですが、映画は観ていません。
気になる作品でした。
本屋さんで何か読みたいなと思って手に取ってみました。


仕事や人生に焦る私にぴったりの作品でした。
茶道を通じて、今まで気付かなかったことに気付けるようになったり、
自分がいかにほかに気をとられてそこにいる事に集中できていないかを知ったり、
勉強で答えが必ずあるというわけでもないし、なぜ?という疑問に自分で気付けるように待ってくれたり、
自分のペースで生きてもいいんだなと思わせてくれた気がします。
時代の流れについて行けない、忙しさについて行けないのを日々感じます。
前々職なんて1年も続いてないしw
人間として生きられない仕事があわないのかもしれないなと、この文章を打ちながら感じます。

生きるというのは楽しいけど難しいな。
posted by 水 at 22:41| 兵庫 ☔| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

漫画 スーパーカブ1、2巻を読んでみた。

ネットで公開されていた部分を読んだことがあったので、この機会に読んでみることにしました。
(富士山チャレンジの続きが読みたかったんやー!)

原作が小説ということを漫画の一番後ろのページで知りました。
スーパーカブに乗ってみたいなと思わせてくれます。
だんだんと主人公とともに成長?していくカブをみているとワクワクしてきます。

たまにパンツとか露出とか男性向け表現あるので、ほんの少しだけ複雑な気分で読みましたが、バイクに対する表現はとても良いなと感じました。

続きが読みたいけど、小説の方がいいのかな?
売ってるのかな?

ちなみに漫画の最後の方に小説があるのだが、まだ読んでないので、ゆっくり読んでみたいと思います。
posted by 水 at 14:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

罠ガール1巻をよんでみた

とりあえずなんか読みたいと思って本棚を眺めていて目に付いた。
農業ってなんだろうなぁと思っていて手に取った。
この本は罠猟の漫画。関係ないだろう?と思いきや、主人公は実家が農家で害獣に困っていたから資格を取って猟をしているらしかった。

たしかにイノシシやらアライグマやらウサギやら畑への被害はあるから、農業と関係ある!
選択は間違っていなかった!はず!

血生臭い部分はあまり描かれてはいない(内臓の絵はある)が、猟の先っちょぐらいに触れられるのではないかな?
2巻はまた機会があったら買おうと思います。
posted by 水 at 14:39| 兵庫 ☀| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正直、服はめんどくさいけれどおしゃれに見せたいを読んでみた

本屋さんに並べられているのは何回か見ていたのだが、買ってみることにした。
じっくり読んでみると、私かな?wという心境になってきた。

実践するかはさておき、そんな必死に服を選ばなくても良さそうだなと思えたのは良かった。

おしゃれに時間かけるぐらいなら、他のことがしたいというのも同感で、服選びは楽したいw
ということで、いつもTシャツにジーパンになるわけだが、年齢的に似合わなくなってきているのを実感してきた。

カラーだとか骨格だとかの本もある中、この本を選んだのは、他の本はややこしかったから。
カラーだとか、骨格だとか、モデルさんがおしゃれに着こなしてる見本とか(一般人は顔とスタイルが合わないよなー)。
服オタクの本は難しい計算式を見ている感じ。
服の1+1ができるようになったら、読めるかもしれない。

1+1はとりあえず2やで!みたいな本でした。
楽しく読めて良かったです。
posted by 水 at 14:26| 兵庫 ☀| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

ぼっちでも悪くはない

仕事で疲れて精神エネルギーを消費すると、
私の場合、
一人、もしくは親しい人といる場合充電できるようです。
昔は一人はいけない!友達がいないといけないんだ!と思っていました。
でも、ずっとみんなという存在と一緒にいるのが好きな人もいれば、一人の時間が好きな人もいるんだと最近理解できるようになってきました。もしくは両方。

みんなといることが嫌いではないんだが、人よりエネルギーの消費が激しいのだと思います。
燃費が悪いということですかね。

いじめによってぼっちにさせられているというのを除いては、一人でいるのを悪くいう必要もないし、思う必要もない。

ふと思ったのだが、
みんなという存在があるからこそ、安心のぼっちができるのかもしれない。

とりあえず、ぼっち時間が必要ならば持って良いのだなぁということでした。
posted by 水 at 08:05| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

しいたけ.の部屋を読んでみた

読んでいると、ラジオの人生相談を聞いているような感覚だった。
相談編の何をやっても続かない理由というのがあった。
ゲームをやっても面白くなさそうだなと思ったり、漫画も本も読みたいなと思わなくなったり、絵を描くのも楽しいなと思えなくなってしまったし、なんかやりたいなと思っても、もぞもぞしてるしw

で読んでみたところ、あ!なーんだ!そういうことだったのか!
と新たな考え方を得られた感じでした。
とりあえず誰かの弟子になってみることらしい?
やり方を真似して、取り入れて、学ぶ時期と考えると良いみたいだった。

なるほどなと思いながら、まず何をしようかと思うのでした。
posted by 水 at 16:37| 兵庫 ☔| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

夜行バスで出かけましょうを読んでみた

夜行バスで出かけましょう (コミックエッセイの森)
夜行バスで出かけましょう (コミックエッセイの森)

ツイッターのログにリツイートされたものが流れてきたのが初見で、
ダヴィンチをちょっとパラパラと試し読みしていたら目についたので、
これは買う時が来たんだな!と思って買いました。

ツイッターで読んでいても思ったのですが、
絵も文字もすっきりしていて読みやすい。
ちょっと物足りない感じはするけども、これぐらいの内容がちょうどよかった。
絵も好きでした。
バスといえば、学校のバス移動の時の苦痛の物というイメージであったり、
普段つかう市営バスしかイメージがないのですが、
3列シートだったり、USB充電ついてたり、
高速バスって進化しているんだなと思いました。
バスに乗って、旅行するのもいいなと感じました。
移動時間を楽しみたい人は良さそうですね。
posted by 水 at 22:12| 兵庫 ☔| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

世界にひとつのプレイブックをみてみた

世界にひとつのプレイブック (字幕版)
世界にひとつのプレイブック (字幕版)

恋愛ものかなーと思いながら、面白そうなのでみてみました。

ちょっとクレイジーでした。
ボーっとしながら見ていたので若干内容の記憶が曖昧です。
心が傷ついた二人がダンスをきっかけに、結ばれるって感じですかね。

バランス的には、恋愛>クレイジー>パパの賭け>ダンスという感じにみえた。
なんとなくですが、感情移入できなかったからなのかな?
うん!よかったね!って感じで終わる。

レビューでラブコメって書いてあって、そう!それだ!と思った。
ラブコメダイジェストかな。
サクッとみるなら良いですね。
posted by 水 at 23:44| 兵庫 ☁| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

未来を花束にしてをみてみた

未来を花束にして(字幕版)
未来を花束にして(字幕版)

ちょっと気になったのでリストにいれていました。

女性の参政権を得るために頑張ってきた活動家の話?かな。

男性たちの態度に腹を立てながら、でも破壊活動はなぁと思いながら観ていました。

モードワッツが旦那に
「女の子が生まれてたら、その子はどんな人生を送っていたと思う?」と質問したら、
「お前と同じ人生さ」みたいなことを言っていたので、
火に油を注ぐような事を言うねぇと思った。
政府や警察も助けてくれるのかな?と思いきや、そんなことないし。
むしろ、ちょっと主張しただけで、警官が人を殴ってるし。
最終手段で活動家の一人が国王および全世界の前で主張するために、
ダービーの馬に轢かれて死ぬっていう。
死なないと察知できないのは嫌だな。
いじめでもそうだけど、事の重大さを死でしか理解できないのは嫌だな。

破壊活動でもしないと無視され続ける世界で頑張ってきたんだなと。
そして今があるんだなと。
選挙に、ちゃんといかないとね!
今は破壊活動しなくても、選挙にきてね!って来るんだから。

人同士、主張して尊重して、良い未来を作って良ければいいなぁ。
posted by 水 at 23:36| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

映画万能鑑定士Qモナ・リザの瞳をみてみた

映画「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」【TBSオンデマンド】
映画「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」【TBSオンデマンド】

気になっていたので観てみました。
以前テレビでやってたのですが、まぁいつものごとく興味ないとみてもらえないのでww


鑑定士のお姉さんと記者さんが、モナ・リザの絵の盗難事件に巻き込まれるお話かな?

やはり時間の関係上まとめなければならないので、端折られていたのかなと、レビューを映画を見た後に読んで思いました。
でも何も知らない人が見る分には、良いかもしれない。
本を読んでもらおう!という、いつもの戦略なのだろうか?
なんでこの鑑定士と記者さんが急に仲が良いのだろう?というのは疑問だった。
高価な美術品があるのに警備薄いなっておもった。
配役は原作を観てないので、先入観無くみれた。

何の情報もなく観るのがいいんだろうなー。
前半は面白かったけど、後半はあんまり?というレビューがあったのだが、前半は推理というか考える場面が多かったのに対して、
後半が一緒に考えたり発見したりするところがなかったので、ワクワク感がなかったんだろうなと思う。
posted by 水 at 16:56| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする